新谷とし - あらやとし

5期 1947年9月生まれ 【市政だより】 厚生常任委員会委員長 / 学校適正配置等調査特別委員会
 
 

小貫元 - おぬきはじめ

2期 1978年4月生まれ 経済常任委員会 / 議会運営委員会副委員長 / 石狩湾新港管理組合議会議員

 
 

川畑正美 - かわばたまさみ

2期 1947年1月生まれ 【市政だより】 建設常任委員会 / 北しりべし廃棄物処理広域連合議会議員 / 小樽市農業委員会委員
 
 

酒井 隆裕 - さかいたかひろ

1期 1974年4月生まれ 総務常任委員会 / 議会運営委員会 / 学校適正配置等調査特別委員会副委員長

 
 

高野 さくら - たかのさくら

1期 1986年12月生まれ 厚生常任委員会 / 北しりべし廃棄物処理広域連合議会議員 / 広報編集委員

 

市議会第1回定例会開会の見込み

2月8日付け北海道新聞報道の訂正を求める抗議
日本共産党小樽市議団は、2月9日、2月8日付け北海道新聞記事について抗議文を送付しました。

 同紙の記事では「定例会開会が不透明 市長と4会派が対立」となっていますが、日本共産党小樽市議団の主張・態度が他会派と異なることから事実ではありません。 
 日本共産党は予定通り新年度第1回定例市議会の会派議案説明を受け、議会を開くことを主張していました。また、各常任委員会の閉会中審査も主張していました。
 自民、公明、民進の3会派は市議会開催に難色をしめしていたものの、2月15日の議会運営委員会で党の主張通り、22日に開催することを了承しました。

おたる民報2017年


JR並行在来線政策

 日本共産党小樽地区委員会は、JR函館本線について、見解と政策をまとめました。ぜひご一読ください。
 くらしを運び 地域をつなぐ 在来線

おたる民報2016年

小樽市が米艦の岸壁使用を許可ー小樽港の軍港化は許されません

アメリカの軍艦である掃海艦パトリオットとミサイル駆逐艦ベンフォールドが小樽市に「親善・友好」が目的として小樽港の岸壁使用を問い合わせしていました。小樽市は2月3日から7日までパトリオット、5日から9日までベンフォールドの岸壁使用を許可しました。
 これにより、小樽港へのアメリカ艦船の寄港は78回になります。小樽港の港湾管理者は市長です。市長の権限で岸壁使用を断ることは可能であり、「核兵器廃絶平和都市」を宣言している小樽市にふさわしく、軍艦の入港には「非核証明書」の提出を義務付けるべきです。

2016年第一回臨時会 副市長を選任 日本共産党は棄権

 1月18日、小樽市議会第1回臨時会が開かれました。この臨時会での議案は1つで、副市長を選任する議案です。森井秀明市長は、上林猛教育長を副市長とする議案を提出しました。
 小樽市議会における近年の人事議案については、副市長人事はどの議員も質問せず、日本共産党が討論を行い、議決してきました。それが、今回は、日本共産党を含め、市議会5会派が質問することになりました。
 日本共産党は、提案された上林氏が教育長として実施してきた政策について賛成できない部分が多いことを指摘し、副市長として市民の負託にこたえきれるかとして、同意に至らず、採決は棄権しました。
 議会は、市長の答弁に納得のいかない自民、公明、民主、新風の各会派との調整もあり、5時間休憩後午後8時20分に議会運営委員会を開催、自民党から濱本、山田、酒井隆行、公明党から秋元、千葉、共産党からは小貫、酒井隆裕、民主党は佐々木、新風小樽からは安斎の各議員が出席のもと再開後の議会運営について、議論し日本共産党を除く全会派が同意することを表明しました。しかし、市長答弁をうけて討論準備に時間がかかると自民と新風が主張し再開は午後9時10分となりました。本会議では各会派の討論終了後、採決にうつるときに、新風の代表である安斎議員が本会議場に姿をあらわさなかったことから、事前の議会運営委員会で議会を早退することも表明がないため、議長が同会派の議員に確認したところ「体調不良」ということで、25人の議員のうち、一人欠席のまま採決にうつりました。その結果、共産党が棄権ですので、議長除き18人の同意で上林氏が副市長に選任されました。

市議団と菊地道議の元日宣伝

2016年の年明け、1月1日に日本共産党小樽市議団と菊地よう子道議は、小樽市内全域をまわり、新年にあたって、街頭から訴えを行いました。
 写真は、宣伝に出かける前に党小樽地区委員会事務所前にて撮影。